新大学入試制度「英語」はこうやって変わる!!特徴を簡単解説☆

今回は新大学入試制度の「英語」について特徴を簡単に解説したいと思います。

現在行われているセンター試験、これは2019年度(2020年1月)の実施を最後に廃止されることになっています。

そして、この代わりに2020年度からスタートするのが「大学入学共通テスト」(以降、「共通テスト」)です。

今の高校1年生(2018年4月時点)から、この「共通テスト」(2021年1月実施)を受検することになっています。

(引用:河合塾HP)

特徴①「書く(Writing)」「話す(Speaking)」が加わる

英語の試験では4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価するため、実施形態を含めて大きく変わります。

現在のセンター試験では「読む&聞く」試験となっているため、実際には「書く&話す」が加わるということになります。

ではどういった内容になるのか、次で説明していきます。

②外部試験の受験が必須になる可能性

「書く(Writing)」「話す(Speaking)」が加わるのが共通テストの大きな変更点です。

しかし、特に「話す(Speaking)」を受験者全員に当日に求めるには時間的に不可能でしょう。

なので、民間の資格・検定試験を活用することが決まっています。

民間の資格・検定試験というのはいわゆる英検やTOEICなどですね。

これらのスコアを段階評価し、テストに反映されることになります。

今のところ、国公立はこの外部試験が必須になるとされています。

おそらく私立もそうなっていくだろうと予想されますね。

③試験時間に大きな変更はなし

センター試験における「筆記」は共通テストからは「筆記(リーディング)」に改められます。

試験時間は「筆記(リーディング)」80分、「リスニング」60分(うち解答時間30分)ですので現在のセンター試験と変わりません。

④問題の内容は大きく変わらない

問題をみてみると、現在のセンター試験と問題の傾向は大きくは変わりません。

(本記事の最後にプレテストの問題を載せてあります。)

つまり、当日の筆記試験(リーディング)に関してはこれまで通りの対策で大丈夫だということです。

今回は新共通テストについて紹介しました。

外部試験の導入が一番大きな変更点でしょう。

外部試験を導入するということは、それだけ試験の回数が増えるということになります。

例えばTOEICと英検を全て受ければ、年に十数回の試験が受ける事ができます。

一発試験に弱いひとにとっては大きな安心材料になるでしょう。

<英語の試験問題はこちら↓>

☆新大学入試共通テストの問題一覧☆全教科の問題&解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする