走れメロスの授業に使える原作 シラーの「人質」全文

今回は「走れメロス」の原作と言われているシラーの「人質」を紹介したいと思います。

*全文は私の判断で中学生用に少し言葉を簡単に言い換えている箇所がいくつかあります

*ぜひ、授業に活用してください!

(ちなみに、私は授業で、英語版走れメロスとの比較をしました。例えば、「メロスは激怒した」をどうやって皆さんは訳しますか??という問いでおそらく1時間分の授業になります。


走れメロス Run, Melos, Run (ラダーシリーズ Level 1)

シラーの “Die Bürgschaft Ballade” と小栗孝則訳人質 譚詩

 暴君ディオニスのところにメロスは短劍をふところにして忍びよった警吏は彼を捕縛した。

この短劍でなにをするつもりか言へ!」険悪な顏をして暴君は問いつめた

町を暴君の手から救ふのだ!」

磔になってから後悔するな

私はと彼は言った。死ぬ覺悟でいる命乞いなぞは決してしないただ情けをかけたいつもりなら三日間の日限をあたえてほしい妹に夫をもたせてやるそのあいだだけその代わり友逹を人質として置いておこ私が逃げたら彼を絞め殺してくれ。」。それを聞きながら王は殘虐な氣持ちでほくそ笑んだそして少しのあいだ考えてから言った

よし三日間の日限をおまえにやろしかし猶予はきっちりそれ限りだぞおまえがわしのところに取りしに来ても彼は身代わりとなって死なねばならぬその代わりおまえの罰はゆるしてやろう。」。さっそく彼は友逹を訪ねた

じつは王が私の所業をんで磔の刑に処すというのだしかし私に三日間の日限をくれた妹に夫をもたせてやるそのあいだだけ君は王のところに人質となっていてくれ私が繩をほどきに帰ってくるまで。」無言のままで友を親友は抱きしめたそして暴君の手から引き取った。その場から彼はすぐに出発した

そして三日目の朝夜もまだ明けきらぬちに急いで妹を夫と一緒にした彼は氣もそぞろに帰路をいそいだ日限のきれるのを恐れて

 途中で雨になったいつやむともない豪雨に山の水源地は氾濫し小川も河も水かさを増やし、ようやく河岸にたどりついたときは 急流に橋はさらわれ、轟々とひびきをあげる激浪がメリメリと橋桁を跳ねとばしていた

 彼は茫然と立ちすくんだ あちこちと眺めまわしまた声をかぎりに呼びたててみたがつなぎ舟は殘らず、さらわれて影なく 目ざす対岸に運んでくれる渡し守りの姿もどこにもない。流れは荒々しくのよになった彼は河岸にずくまり泣きながらゼスに手をあげて哀願した

ああしずめたまえ荒れくるう流れを時は刻々に過ぎてゆきます太陽もすでに真昼時ですあれが沈んでしまったら町に帰ることが出來なかったら友逹は私のために死ぬのです。 急流はますます激しさをすばかり波は波を巻きあおりたて時は刻一刻と消えていった。彼は焦燥にかられたついに憤然と勇氣をふるいほえ狂う波間に身を躍らせ滿身の力を腕にかけて流れをきわけたもついに憐憫を垂れた。やがて岸に這いあがるやすぐにまた先を急いだ

 しばらく行くと森の諳がりから一隊の盜が躍り出た。行手に立ちふさがりのもとに打ち殺そといどみかかった 飛鳥のよに彼は飛びのき打ちかかる弓なりの棍棒を避けた

何をするのだ?」驚いた彼はあおくなって叫んだ

私は命の外にはなにも無い それも王にくれてやるものだ!」いきなり彼は近くの人間から棍棒を奪い

不憫だが友達のためだ!」 と猛然一ちに三人の者を彼は殴り倒し後のは逃げ去った。

 やがて太陽が灼熱の光りを投げかけたついに激しい疲勞から彼はぐったりと膝を折ったおお慈悲深く私を盜の手からさきには急流から神聖な地上に救われたものよ今ここまできて疲れきって動けなくなるとは愛する友は私のために死なねばならぬのか?」 ふと耳にせんせんと銀の音色のながれるのが聞こえたすぐ近くにさらさらと水音がしているじっと声を呑んで耳をすました近くの岩の裂目から滾々とささやくや 冷々とした水が涌きでている飛びつくよに彼は身をかがめたそして燒けつくからだに元氣をとりもどした太陽はの枝をすかしてかがやき映える草原の上に巨人のよな木影をえがいている二人の人がをゆくのを彼は見た急ぎ足に追ひぬことしたとき二人の会話が耳にはいったいまごろは彼が磔にかかっているよ。胸締めつけられる想いに宙を飛んで彼は急いだ彼を息苦しい焦燥がせきたてた すでに夕映の光りは 遠いシラクスの塔樓のあたりをつつんでいるすると向こうからフィロストラトスがやってきた家の留守をしていた弟子は主人をみとめて愕然とした

りください お友逹をお助けになることは出來ませんいまはご自分のお命が大切です ちょど今あの方が 死刑になるところです 時間いっぱいまでお歸りになるのを 今か今かとお待ちになっていました暴君の嘲笑もあの方のい信念を変えることは出來ませんでした。」「しても間に合わず彼のために 救い手となることが出來なかったら 私も彼と一緒に死のいくら粗暴な暴君でも友が友に対する義務を破ったことをまさか褒めまい彼は犠牲を二つ処刑すればよいのだ愛と誠の力を知るがよいのだ!」

まさに太陽が沈もとしたとき彼は門にたどり着いた すでに磔の柱が高々と立つのを彼は見た周囲に群衆が撫然として立っていた繩にかけられて友逹は釣りあげられてゆく猛然と彼は密集する人ごみをきわけた私だ刑吏!」と彼は叫んだ。殺されるのは 彼を人質とした私はここだ!」がやがやと群衆は動搖した

二人のはかたく抱き合って悲喜こもごもの氣持ちで泣いた それを見てともに泣かぬ人はなかったすぐに王の耳にこの美談は伝えられた王は人間らしい感動をおぼえて早速に二人を玉座の前に呼びよせたしばらくはまぢまぢと二人のを見つめていたがやがて王は口を開いた。「おまえらの望みは叶ったぞおまえらはわしの心に勝ったのだ真実とは決して空な妄想ではなかったかわしをも仲間に入れてくれまいかかわしの願いを聞き入れておまえらの仲間の一人にしてほしい。

 暴君ディオニスのところにメロスは短劍をふところにして忍びよった警吏は彼を捕縛した。

この短劍でなにをするつもりか言へ!」険悪な顏をして暴君は問いつめた

町を暴君の手から救ふのだ!」

磔になってから後悔するな

私はと彼は言った。死ぬ覺悟でいる命乞いなぞは決してしないただ情けをかけたいつもりなら三日間の日限をあたえてほしい妹に夫をもたせてやるそのあいだだけその代わり友逹を人質として置いておこ私が逃げたら彼を絞め殺してくれ。」。それを聞きながら王は殘虐な氣持ちでほくそ笑んだそして少しのあいだ考えてから言った

よし三日間の日限をおまえにやろしかし猶予はきっちりそれ限りだぞおまえがわしのところに取りしに来ても彼は身代わりとなって死なねばならぬその代わりおまえの罰はゆるしてやろう。」。さっそく彼は友逹を訪ねた

じつは王が私の所業をんで磔の刑に処すというのだしかし私に三日間の日限をくれた妹に夫をもたせてやるそのあいだだけ君は王のところに人質となっていてくれ私が繩をほどきに帰ってくるまで。」無言のままで友を親友は抱きしめたそして暴君の手から引き取った。その場から彼はすぐに出発した

そして三日目の朝夜もまだ明けきらぬちに急いで妹を夫と一緒にした彼は氣もそぞろに帰路をいそいだ日限のきれるのを恐れて

 途中で雨になったいつやむともない豪雨に山の水源地は氾濫し小川も河も水かさを増やし、ようやく河岸にたどりついたときは 急流に橋はさらわれ、轟々とひびきをあげる激浪がメリメリと橋桁を跳ねとばしていた

 彼は茫然と立ちすくんだ あちこちと眺めまわしまた声をかぎりに呼びたててみたがつなぎ舟は殘らず、さらわれて影なく 目ざす対岸に運んでくれる渡し守りの姿もどこにもない。流れは荒々しくのよになった彼は河岸にずくまり泣きながらゼスに手をあげて哀願した

ああしずめたまえ荒れくるう流れを時は刻々に過ぎてゆきます太陽もすでに真昼時ですあれが沈んでしまったら町に帰ることが出來なかったら友逹は私のために死ぬのです。 急流はますます激しさをすばかり波は波を巻きあおりたて時は刻一刻と消えていった。彼は焦燥にかられたついに憤然と勇氣をふるいほえ狂う波間に身を躍らせ滿身の力を腕にかけて流れをきわけたもついに憐憫を垂れた。やがて岸に這いあがるやすぐにまた先を急いだ

 しばらく行くと森の諳がりから一隊の盜が躍り出た。行手に立ちふさがりのもとに打ち殺そといどみかかった 飛鳥のよに彼は飛びのき打ちかかる弓なりの棍棒を避けた

何をするのだ?」驚いた彼はあおくなって叫んだ

私は命の外にはなにも無い それも王にくれてやるものだ!」いきなり彼は近くの人間から棍棒を奪い

不憫だが友達のためだ!」 と猛然一ちに三人の者を彼は殴り倒し後のは逃げ去った。

 やがて太陽が灼熱の光りを投げかけたついに激しい疲勞から彼はぐったりと膝を折ったおお慈悲深く私を盜の手からさきには急流から神聖な地上に救われたものよ今ここまできて疲れきって動けなくなるとは愛する友は私のために死なねばならぬのか?」 ふと耳にせんせんと銀の音色のながれるのが聞こえたすぐ近くにさらさらと水音がしているじっと声を呑んで耳をすました近くの岩の裂目から滾々とささやくや 冷々とした水が涌きでている飛びつくよに彼は身をかがめたそして燒けつくからだに元氣をとりもどした太陽はの枝をすかしてかがやき映える草原の上に巨人のよな木影をえがいている二人の人がをゆくのを彼は見た急ぎ足に追ひぬことしたとき二人の会話が耳にはいったいまごろは彼が磔にかかっているよ。胸締めつけられる想いに宙を飛んで彼は急いだ彼を息苦しい焦燥がせきたてた すでに夕映の光りは 遠いシラクスの塔樓のあたりをつつんでいるすると向こうからフィロストラトスがやってきた家の留守をしていた弟子は主人をみとめて愕然とした

りください お友逹をお助けになることは出來ませんいまはご自分のお命が大切です ちょど今あの方が 死刑になるところです 時間いっぱいまでお歸りになるのを 今か今かとお待ちになっていました暴君の嘲笑もあの方のい信念を変えることは出來ませんでした。」「しても間に合わず彼のために 救い手となることが出來なかったら 私も彼と一緒に死のいくら粗暴な暴君でも友が友に対する義務を破ったことをまさか褒めまい彼は犠牲を二つ処刑すればよいのだ愛と誠の力を知るがよいのだ!」

まさに太陽が沈もとしたとき彼は門にたどり着いた すでに磔の柱が高々と立つのを彼は見た周囲に群衆が撫然として立っていた繩にかけられて友逹は釣りあげられてゆく猛然と彼は密集する人ごみをきわけた私だ刑吏!」と彼は叫んだ。殺されるのは 彼を人質とした私はここだ!」がやがやと群衆は動搖した

二人のはかたく抱き合って悲喜こもごもの氣持ちで泣いた それを見てともに泣かぬ人はなかったすぐに王の耳にこの美談は伝えられた王は人間らしい感動をおぼえて早速に二人を玉座の前に呼びよせたしばらくはまぢまぢと二人のを見つめていたがやがて王は口を開いた。「おまえらの望みは叶ったぞおまえらはわしの心に勝ったのだ真実とは決して空な妄想ではなかったかわしをも仲間に入れてくれまいかかわしの願いを聞き入れておまえらの仲間の一人にしてほしい。

授業で使えるリンク集↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする