塾講師のバイト!応募〜面接、採用までの流れを簡単解説

今日は塾講師の応募〜面接、採用の流れを説明していきたいと思います。

現在、学生の中で、人気のバイトの1つとして挙げられるのが「塾講師」

その人気の理由は、①高待遇、②やりがい、というところでしょう。

では、応募〜面接、採用までの流れを紹介していきましょう。

応募編

塾講師のバイトに応募する場合、方法としては

①タウンワーク、バイトルのような情報誌もしくは情報アプリから応募をする。

②塾のホームページに直接アクセスをし、採用情報ページから応募をする。

③塾講師登録サイトで登録をする。

*応募から面接までの早さでいうと、①、②の方法がおすすめです。③の場合、後日案件紹介メールから本応募となるため少し時間がかかるでしょう。ただ、その一方で、③はたくさんの紹介案件から選ぶことができるというメリットもあります。

面接編

応募が完了すると、後日、応募先から面接の電話がかかってくることでしょう。

多くの場合、面接に加えて学力試験も行われます。

(学力試験に合格した人のみ、後日面接という場合もあります。)

学力試験に関しては、高校のセンター試験レベルのものが多いようです。

また、この時に「何の教科を教えることができるか」聞かれます。なるべく多くの教科をおしえることができる方が当然採用の可能性は高くなります。自信が無くても、積極的に教えれることをアピールすると良いでしょう。

採用編

無事に面接や学力試験を突破した場合、後日採用の旨を知らせる電話が入ります。(不採用の場合は連絡は来ないでしょう)

採用後は、一度シフトの確認などで採用先にいくことになるでしょう。

大手企業の場合は、研修がある場合もあります。

待遇について

塾の場合、個別指導と集団指導によって待遇が異なります。

個別指導の場合は時給1000円〜1500円程度、集団指導の場合時給2000円〜2500円程度、と集団指導の場合の方が高待遇の傾向にあります。

また、塾講師の場合、子供たちの学校後の時間帯、つまり、夜の勤務が基本となります。なので、1日1コマもしくは2コマしか働けない場合が多いでしょう。時給は高い傾向にありますが、1日あたりの給与は決して高くない、ということも押さえておきましょう。

ただ、自分の大学との両立や短時間で多く稼ぎたい場合はとても魅力的なバイトだと思います。

また、塾講師の大きな魅力は、夏期講習や冬期講習でがっつり稼ぐことができるところです。多くの人がここで10万円〜15万円ほど稼ぐことになります。

Wokandapix / Pixabay

今回は、塾講師の応募〜面接、採用についてお話しました。

私も経験しましたが、楽しいバイトなのでぜひ応募や登録だけでもしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする